表示回数:60

地球のことを考える研究所

この記事の研究テーマ

  • 衛生
  • エコ
  • 機械
  • フィルム
  • 店舗備品
  • パックスタイル
  • 新商品
  • その他

上質感がアップする刺身容器「SF冴盛シリーズ」を紹介

2021.11.25

シーピー化成「SF冴盛シリーズ」を紹介

今回は高い鮮度感を演出し刺身をワンランク上質なものに見せることができる、シーピー化成の「SF冴盛シリーズ」をご紹介します。

「SF冴盛シリーズ」の特徴

「SF冴盛シリーズ」は高い視認性はもちろん、角が立ったキレのある形状で鮮度感の底上げをすることができます。

まるでガラス!?透明感の高い蓋

「SF冴盛シリーズ」 には『クリアエッジ』が採用されています。ガラスのような透明感で、中身をワンランク上質なものに見せ、商品を思わず手に取りたくなってしまいます。

クリアエッジ

本体フラット形状

本体は浅めのフラット形状になっています。幅広いシーンで使用できる、高い汎用性が特徴です。
フラット形状は、食材をスッキリと際立たせることで中身の存在感を高めることもできます。

フラット形状

作業効率を考慮した機能

「SF冴盛シリーズ」は見た目をよく見せるだけではなく、バックヤードでも使いやすい工夫が盛り込まれています。

安定した積み重ね

容器を積み重ねたときにもしっかりとはまり込むため、売り場での滑り落ちを軽減することができます。

積み重ね

本体底面のリブ

本体底面にはダイヤ形状のリブが付いています。盛り付けの目安にすることで作業効率アップが期待できます。
また食材のズレを軽減させることも可能です。

ダイヤリブ

「SF冴盛シリーズ」にオススメのメニュー

「SF冴盛シリーズ」は色柄が豊富なため、刺身はもちろん様々な料理に対応が可能です。金や橙は肉料理、黒や緑はサラダや総菜などにおすすめです。

柄
柄

お問い合わせ

今回は、シーピー化成の「SF冴盛シリーズ」を紹介しました。
商品のお問い合わせはこちらからお願いします。

この記事をシェアする

Related Post

関連記事

Theme Index

研究テーマ一覧

記事一覧へ戻る