表示回数:502

地球のことを考える研究所

この記事の研究テーマ

  • 衛生
  • エコ
  • 機械
  • フィルム
  • 店舗備品
  • パックスタイル
  • 容器・消耗品
  • その他

パーティーで大活躍な容器「バイオパティー」を紹介

2021.11.30

リスパック「バイオパティー」を紹介

今回はパーテーション付き容器でオードブルにぴったりな、リスパックの「バイオパティー」をご紹介します。

「バイオパティー」の特徴

「バイオパティー」には、本体に仕切りが付いています。味が混ざることなく様々なメニューを入れることができるため、パーティーや個食など様々なシーンで大活躍する容器です。

蓋が外れにくい!「スマート嵌合」の内壁設計

「バイオパティー」は蓋が嵌めやすく外れにくい設計になっています。また液漏れ防止機能が付いており、汁気のある食材を入れても安心です。

噛み込みにくい

高い内壁で中身をホールドしているため、噛み込みにくく、盛り付けもしやすくなっています。

噛みこみ

液漏れしにくい

「バイオパティー」には、液を留めるための”溝”が付いており、従来の内嵌合カットフルーツ容器と比較しても液漏れがしにくい構造となっています。また、内壁も充分な高さがあるので安心して使うことができます。

液漏れ

華やかさアップ!パーテーション付き容器

本体には仕切りが付いており、オードブルのように盛り付けることができるため、見た目の華やかさがアップします。蓋の高さは2種類あり、本体仕切りの上に高級感のあるフルーツを乗せる「乗せ盛」も可能です。

乗せ盛り

「バイオパティー」にオススメのメニュー

仕切り付きの本体は、カットフルーツの盛り合わせや総菜のオードブルにおすすめです。
また、仕切りのない底面がフラットなタイプもあり、ちらし寿司や総菜など幅広くお使いいただけます。

ちらし寿司

お問い合わせ

今回は、リスパックの「バイオパティー」を紹介しました。
商品のお問い合わせはこちらからお願いします。

この記事をシェアする

Related Post

関連記事

Theme Index

研究テーマ一覧

記事一覧へ戻る