表示回数:192

地球のことを考える研究所

この記事の研究テーマ

  • 衛生
  • エコ
  • 機械
  • フィルム
  • 店舗備品
  • パックスタイル
  • 新商品
  • プロステーション

インスタ映え抜群!ついつい写真を撮りたくなるオシャレな容器を紹介!

2021.02.09

なぜインスタ映え(SNS映え)を狙うことが大切なのか?

飲食店において、『インスタ映え』は無視できないキーワードです。
2020年末で日本国内のSNS利用者数は約8,000万人に達する見込みでなんとネットユーザー全体に占める普及率は80%に及び、今後も増加していくことが予想されています。
若い人を中心にSNSに写真をアップするための消費行動というのも増えてきています。
そのため飲食店でも、思わず写真を撮りたくなってしまうような工夫をすることが大切です。
それはテイクアウトでも例外ではなく、インスタグラムで『#テイクアウト』で検索すると、約330万件のオシャレなテイクアウトの写真が投稿されています。
そこで今回の記事では、インスタ映えするテイクアウト容器を紹介していきます。

SNSとは?

SNSとはSocial Networking Service(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の略であり、
『インターネット上で社会的な繋がりを提供するサービス』という意味になります。
SNSを使うことで得られるメリットとして『人との繋がりを持つことができる』『個人で情報発信ができる』『同じ趣味・嗜好の人が集まるコミュニティを作ることができる』『旬な情報をいち早くキャッチできる』などがあり、SNSは主に「情報発信・共有・拡散」といった点に優れています。
利用者数も年々増え続けており、今や生活になくてはならないサービスになりつつあります。

SNSの種類

一言でSNSと言っても、様々な種類のサービスがあります。
それぞれのサービスごとに違った特徴があり、目的に合わせてSNSを使い分けるのが一般的です。
ここでは代表的なSNSを紹介します。

ツイッター(Twitter)

ツイートと呼ばれる140文字の投稿を通じて、気軽にコミュニケーションを取ることができるサービスです。 自分が良いと思った他ユーザーのツイートを広めることができるリツイートという機能もあるため、拡散力が高いのが特徴。 また、企業や自治体のアカウントも多く存在しており速報性が高いため、最新の情報を収集するのにも最適です。

フェイスブック(Facebook)

全世界での利用者数が27億人と最も多いSNSがFacebookです。 Facebookは実名でプロフィールを作成することで、友人や知り合いなどとの繋がりに特化したサービスです。 しかし、国内での利用者数の伸びには陰りが見えてきており、若い人を中心に「Facebook離れ」が進んでいるのも事実です。

インスタグラム(Instagram)

インスタ映えとは一言で言えば、インスタグラムの投稿にたくさん「いいね!」をつけてもらえるような、見栄えのする写真を撮ることから生まれた言葉です。 インスタ映えの代表的な写真として、オシャレな料理の写真であったり、観光スポットで撮った写真などが挙げられます。

インスタ映えとは?

一言で言えば、インスタグラムの投稿にたくさん「いいね!」をつけてもらえるような、見栄えのする写真を撮ることから生まれた言葉です。
インスタ映えする代表的な写真としては、オシャレな料理の写真であったり、観光スポットで撮った写真などが挙げられます。
また、インスタ映えする写真目的で行列ができる飲食店も増えてきていることからも、大きな集客に繋がるケースもあります。

インスタ映え(SNS映え)が注目される理由

「インスタ映え」という言葉は「2017ユーキャン新語・流行語大賞」を受賞して浸透しました。
しかし時間が経ち、現在はインスタ映えを意識するのに疲れたという層が増えてきており、インスタ映えは古いという声も挙がっています。
2017年当時はインスタ映えのために日常を盛り、写真を加工し投稿することでキラキラした生活をアピールするというのが流行でしたが、2020年ではナチュラルで日常感のある投稿が人気です。
これは流行りのテイストが変わってきただけであり、人に見せたい写真をSNSに投稿するという行動自体は変わっていないため、決して「インスタ映え」が廃れてしまったわけではありません。
また、「SNSの利用者数の増加」や「消費の変化」などから見ても、今後も「インスタ映え」は注目のキーワードだと言えます。

SNS利用者数の増加

SNSの利用者数は年々増加しており、2015年末には約6,500万人だったのに対して、2020年末には約8,000万人の見込みでありネットユーザー全体に占める普及率も80%に達します。
また、SNSの利用者は元々20代以下の層が多かったが、SNSが当たり前になるにつれて40代以上の利用者も増えており、今やSNSは若者だけのツールではなくなってきています。
そのため、今後SNSは幅広い層への広告になっていくことが予想されます。

モノ消費からコト消費へ

人の消費行動は「モノ消費」から「コト消費」へと移り変わってきていると言われています。

・モノ消費とは?
商品そのものの購入に重点を置いた消費行動のことを指します。
具体的には数年前に多かった海外からの観光客の「爆買い」などが分かりやすい例ですね。

・コト消費とは?
消費を通じて得られる「情緒的価値」に重点を置いた消費活動のことを指します。
例えば「雰囲気の良いお店で食事をしてオシャレな気分を味わいたい」といった考え方がコト消費と言えます。
そしてこの「コト消費」における情緒的価値の一部を切り取った写真こそがまさにインスタ映えする写真なのです。

インスタ映えするオシャレな容器の選び方

weecoVol.2 P33

では、ここからはインスタ映えするテイクアウト容器の選び方を説明していきます。
テイクアウトメニューでインスタ映えを狙うにあたっては、料理の見た目はもちろん大切ですが、容器の見た目も同じくらい大切になってきます。

実際に写真を撮ってみると容器が料理と同じくらい目立つことに気づくと思います。
どれだけオシャレなメニューを作っても容器が微妙であれば、『映え』なくなってしまうので、インスタ映えするテイクアウトメニューを提供したい場合は、容器の見た目にもこだわりましょう。
オシャレな容器を選ぶポイントは「素材」「形」「色」での3つです。
ここからはそれぞれのポイントについて説明していきます。

素材に注目する

素材は容器の見た目を決める大きなポイントとなります。
代表的なテイクアウト容器の素材としては「プラスチック」が挙げられますが、インスタ映えを意識する場合「紙」や「天然素材」を使った容器を選ぶことをオススメします。
プラスチックでは出せないナチュラルなイメージを出すことができるので、まさに今の流行りにピッタリでインスタ映えも抜群です。

CD:544389

形に注目する

容器の形を変えるだけでも見栄えは大きく変わります。
丼物のテイクアウトを例にすると、プラスチック製の丼容器を使うことがほとんどだと思います。
プラスチック製の丼容器は耐水・耐熱など機能性に優れたものも多く、テイクアウトに最適です。
しかし、見た目はSNSに投稿したいというようなオシャレなものではありません。

そこで、紙製のカップ容器にしてみたらどうでしょうか
どこかカフェごはんのようなオシャレな雰囲気がしませんか。
このように丼型からカップ型に変えるだけでもイメージは大きく変わります。
その他にもBOX型の丼容器や、実際のお皿のデザインのような容器、カップからお皿に変形する容器など様々な形の物があるので、ぜひインスタ映えする形の容器を探してみてください。

CD:30015

色・柄に注目する

色や柄選びもインスタ映えを意識する上では、とても重要なポイントとなっています。
ナチュラルな雰囲気にしたいのであれば未晒の紙容器、華やかなイメージを打ち出したい場合は明るめのカラーや柄入りの容器を選ぶ、といったようにお店の雰囲気や料理のイメージに合わせて容器の色や柄を選ぶのが良いでしょう。

インスタ映え抜群のテイクアウト容器をご紹介!

ここまでのポイントを踏まえて、インスタ映え抜群のオススメ容器を5つご紹介しますので、これからのテイクアウト容器選びの参考にしていただければと思います。

おりがみカップ

おりがみカップ

一つ目に紹介するのは「おりがみカップ」です。
ぱっと見は普通のカップ型の容器ですが、指で左右に力を加えると簡単にお皿のように広がる不思議な容器となっています。
カップ型なので、丼物やパスタ、惣菜やスナック類など様々なメニューに対応しており、別売りの中皿を使用すればご飯とおかずを分けて弁当容器として使うこともできます。
ついつい写真に収めたくなってしまうインスタ映え抜群の容器となっております。

デリメイト TK125

デリメイト

次に紹介するのは女性に人気の「デリメイト TK125」です。
こちらの容器は取っ手付きで持ち運びやすく、内嵌合の中皿がセットになっており汁漏れにも強い、機能性バッチリの紙製容器です。
機能性だけでなく見た目も可愛らしくインスタ映え抜群です。
ロコモコ丼などのオシャレな丼メニューとの合わせるのがおススメです。

BBバガスシリーズ

バガス

次に紹介するのはエコでオシャレな「BB竹バガスシリーズ」です。
こちらは竹とバガスから作られており、100%天然素材の温かみある見た目が特徴です。
ランチボックス型や丼型、カレー用と形が豊富なため、様々なメニューで使うことができます。
特にオーガニックなメニューとの相性ピッタリなので、そういったメニューを考えている場合はぜひお試しください。

OKAMOCHIカフェバッグ

おかもち

容器ではありませんが、『OKAMOCHIカフェバッグ』もインスタ映え抜群でオススメのテイクアウト資材です。
お弁当、ドリンク、おしぼり、カトラリーを一つにまとめることができるのでテイクアウトでの持ち運びを楽にしてくれます。
そして対応の紙容器と、紙や木製のカトラリーを合わせることで、一切プラスチックを使用しないテイクアウトを実現することができるのです。
環境にとても優しい作りになっているうえに、見た目も可愛らしいので、SNSにアップしたくなること間違いなしのテイクアウト資材です。

TPボレノ

TPボレノ

「TPボレノ」の特徴はカラーバリエーションの豊富さです。
紺、緑、黄、赤茶、アリアG(柄)の5色展開となっており、プラスチック容器で珍しい色が使われているのが特徴です。特にオススメのカラーは紺です。
この深みのあるブルーは「北欧ブルー」と呼ばれており、オムライスの黄色やパスタのクリーム色と補色の関係になるので、黄色がくっきりとすることで料理を際立たせてくれます。
写真を撮るとコントラストが高い見た目になるので、まさにインスタ映えにピッタリの容器です。

インスタ映えする容器をお探しなら『容器スタイル』へ

今回はインスタ映えとインスタ映えするテイクアウト容器について説明してきました。
SNSの利用者はどんどん増えているので、飲食店にとってもSNSは絶好のPRの場となっています。
お店の公式アカウントを作ってメニューを紹介するのも良いですし、今回紹介したようなインスタ映えする見た目を意識して、お客さんに拡散してもらうのもお客様を集めるのもPRになります。

特にインスタグラムで注目を集めるためには、何より写真の見た目がとても大事になるので、今回ご紹介したインスタ映えする容器の選び方を参考にインスタ映え対策をしていきましょう。
通販サイト「容器スタイル」では今回紹介した容器以外にも、様々な容器を取り揃えておりますので、ぜひチェックしてみてください。

Related Post

関連記事

Theme Index

研究テーマ一覧

記事一覧へ戻る