表示回数:22474

地球のことを考える研究所

この記事の研究テーマ

  • 衛生
  • エコ
  • 機械
  • フィルム
  • 店舗備品
  • パックスタイル
  • 新商品
  • その他

プラスチックから紙へ!エコ容器にするメリットと移行事例を紹介

2020.12.14

包装をプラスチックから紙にする企業が増えている!

近年、大手製菓メーカーがパッケージ素材を紙へ切替えしたり、カフェチェーン店が紙ストローを導入したり、大手コンビニエンスストアが弁当容器に紙製どんぶり容器を全面的に採用するなど、紙製品を取り入れる企業が増え続けています。
現在、プラスチックごみによる環境破壊が世界中で問題視され、問題解決に向けさまざまな対策が進められています。実際に各企業がエコ容器に対応するには知識や事前準備、コストなどの負担があります。しかし、対応する事で得られるメリットも沢山あります。  
 
この記事ではこれからエコ容器の導入を考えている方に、
・エコ容器導入のメリット
・エコ容器への移行事例
・エコ容器の種類
についてご紹介していきます。

そもそもプラスチックは何が良くないのか?

プラスチックは耐久性があり便利なうえ、低コスト、大量生産できるので、世界中で毎年4億トン、日本国内では1200万トンも生産されています。
しかし近年、脱プラスチックやプラスチック削減というワードを耳にする機会が増えてきました。世界ではSDGsの採択やサミットの開催でプラスチック問題について議論され、特にレジ袋やプラスチックストロー、使い捨てプラスチック容器は世界中で有料化、製造・販売禁止などの対策が進められています。また、日本では2030年までに使い捨てプラスチックを25%削減という目標が掲げられています。

この章では、プラスチックごみ問題の原因について説明します。その他、問題を解消するために私たちにできることについて紹介していきます。

プラスチックごみが問題になっている

プラスチックの使用量が増え続けた結果、適切に処理されず、環境へ流出してしまうプラスチックごみ問題が起きています。中でも海洋プラスチックごみ問題は特に深刻で、年間800万トンものごみが河川を経由して海に流れており、現在、1.5億トンのプラスチックごみが海中に蓄積されていると言われています。海洋ごみによってアザラシやウミガメ、海鳥など700種もの生物が傷つけられ、亡くなっており、その原因となるごみの92%をプラスチックごみが占めています。

日本は全世界でプラスチック生産量が第3位、使用量はアメリカに次いで第2位であり、この問題に対して国際的責任を持たなければいけません。そこで最近、プラスチック削減のためにさまざまな解決策が挙げられています。

プラスチックごみ問題を解消するために

プラスチックごみ問題を解消するための「3R」と言われる取り組みがあります。

リデュース(=Reduce)・・・ごみを減らす事
リユース  (=Reuse)・・・・ 再利用する事
リサイクル (=Recycle)・・・ 再生産する事

これらの3つを徹底する事が求められます。特にプラスチック使用量が多い日本では問題解決のために、使い捨て容器やレジ袋などのリデュースが有効であり、今後、全ての企業、飲食店がさまざまな取り組みを進める事が課題となります。リデュースの例として2020年7月1日からのレジ袋有料化や、プラスチック製以外の容器導入、ストローの廃止などがあげられます。年々、プラスチックに代わる資材の導入を始める企業、飲食店が増えています。

エコ容器を導入する5つのメリット

環境や資源を守るためにエコ容器を導入する事が大切であると理解していても、事前準備の負担やコスト面の問題から、なかなか導入を決断できない飲食店や企業が多く存在すると考えられます。
しかし、現在、国内外問わずSDGsの取り組みやプラスチック削減の意識はますます高まりつつあります。したがって、中長期的に考えた時、導入によって企業に多くのメリットがあるため早い段階でエコ容器へ切り替えることをおすすめします。

この章ではエコ容器を導入した際に得られる5つのメリットを解説していきます。

1. 環境への配慮

エコ容器導入による1番のメリットは、環境保護に大きく貢献できることです。海洋ごみの削減やごみ処理の負担緩和につながる以外にも、さまざまな面で環境保護に貢献出来ます。

・自然資源枯渇の抑制
プラスチックは有限資源である石油を原料として作られています。そのため、プラスチックを削減する事で自然資源の枯渇を抑制することが出来ます。

・地球温暖化防止
日本ではプラスチックの有効利用率が84%と高く、そのほとんどは燃焼時のエネルギーを回収し再利用しています。しかし、燃焼時には二酸化炭素が発生するため、プラスチック削減を心がけることで地球温暖化の防止に繋がります。

・水質汚染の防止
海中には、河川などを通じて流れてきた工業用途で使われた農薬などの汚染物質が現在も残り続けています。石油製のプラスチックは海中を漂う汚染物質と親和性があり、汚染物質を吸収しやすい特徴があります。そのため海洋プラスチックごみが汚染物質を吸収し、海中をさまよい続けることにより、意図せず人体に悪影響な汚染物質を運んでしまう恐れがあります。

2. 企業イメージの向上

テレビ番組やネットニュースで環境問題について取り上げられることが増え、消費者にとって身近な話題になり、以前に比べ関心が高まっています。消費者の関心が高まると環境問題に取り組むことが当たり前という認識が広まり、環境破壊をもたらすような商品ばかり取り扱う企業は消費者から非難されたり、信頼を失う事にも繋がりかねません。
その反面、環境問題に取り組むことで消費者からの信頼を獲得し、企業のイメージアップに繋がります。エコ容器へ移行する事はコストがかかる場合もありますが、その分エコ容器を導入した事例を発信することで、この取り組みが広告となり、集客効果や大きな収益に繋がることもあります。

3. おしゃれなイメージの打ち出し

中食化が進み、飲食店や惣菜コーナーのテイクアウト需要が高まっています。さらにSNSの影響から料理に美味しさだけでなく見栄えやおしゃれさを求める若者が急増しており、今後、容器選びがさらに大切になるでしょう。

エコ容器は低コスト大量生産のプラスチック容器に比べ、クラフト紙や木材、天然素材などを使用しており、材質の特徴をそのまま表現できるため、ナチュラルな雰囲気を出すことができます。それが、商品によってはオシャレにもつながります。お店や料理のテイストに合わせて材質だけでなく、数多くの形状から容器を選ぶこともできます。中身にあったエコ容器で見栄えを良くし、集客率のアップにもつながります。

4. 経営リスクの回避

環境問題は地球上全ての生き物に影響があり、レジ袋の有料化など日常生活に関わることも多いため、関心を示す人が増えてきました。そのため、大手企業だけでなく様々な規模、業種で環境問題への取り組みが進んでいます。つまりSDGsの目標や環境保全への取り組みに注力しなければ、社会からの信頼を失うだけでなく、ビジネスパートナーを喪失することに繋がりかねません。
社会の流れに遅れを取らないためにも、小さなことから少しずつ環境問題に取り組んでいく必要があります。

5. ビジネスチャンスの拡大

環境問題への取り組みが世界中で広まっており、日本でも環境に優しい取り組みを進めることが重要視されるようになっています。
しかし、いきなり利便性の高いプラスチック容器から全てをエコ容器へ切り替えることや、環境保全の取り組みを進めることは難しいと考えます。そのため、自分達に合った、自分達でもできる環境問題から取り組みましょう。
環境問題に取り組む姿勢で、新たな事業や取引先の獲得に繋がりビジネスの拡大を期待することができます。

エコ容器への移行事例

前の章でエコ容器導入による5つのメリットについて紹介しました。
実際に脱プラ、プラスチック削減の取り組みを進める飲食店、企業は増えてきましたが、どんなことから始めればよいのかわからず、なかなか取り組みを進められないところも多いと思います。
しかし、プラスチックストローの廃止など大きなコストや手間を必要としない方法も多く、比較的簡単にプラスチック削減に貢献できる取り組みもあります。この章では、さまざまな企業が取り組んでいるエコ容器への移行事例についてご紹介します。

カフェやファミレスのストロー

スターバックスや、すかいらーくグループでは、2020年までに国内外全店舗でプラスチックストローの廃止を発表しています。スターバックスでは紙ストロー、すかいらーくグループではトウモロコシ原料から作られているバイオマスストローを必要に応じて提供しています。プラスチックストロー廃止に着手する事は簡単なように感じられますが、エコストローは従来に比べコストが4~10倍となる点や、耐久性が低い点でデメリットがあげられていることも事実です。
そのため、飲み口が付いた蓋に改良してストローなしで飲めるように工夫したり、ストローは要望があるお客様のみに提供する、また、マイストローの持参を推奨するなどの工夫でプラスチックストローの廃止をすすめています。

紙ストロー

お菓子の包装パッケージ

ネスレが2019年9月よりキットカットの包装紙を紙包装に移行し、さらに2022年までに個包装含め100%リサイクル可能、あるいはリユース可能にするという目標を発表しました。この取り組みで年間380トンのプラスチック削減を期待することが出来るそうです。

紙包装

包装紙が無駄になってしまうなら食べてしまおう、といった取り組みも広がっています。例えば、愛知県碧南市の株式会社丸繁製菓では食べられるトレー「イートレイ(eat tray)」を販売しております。イベント等で問題になるごみ対策として食べらる器にしプラスチックトレーなどのごみ削減に貢献しています。
また、インドネシアの企業 Evoware社では海藻ベースで作られた包装紙「Seaweed-Based Packing」が話題となっています。水に弱い一方、賞味期限は2年と長く、お菓子はもちろん、その他さまざまなものを包装できます。

飲料のパッケージ

ローソンPBブランドはプラスチック削減のためフィルム印刷を廃止し、製品情報を飲料カップに直接印刷する仕様に変更しました。
この取り組みで1本あたり約1.5gのプラスチックを削減し、年間70トンのプラスチック削減、その他、アイスコーヒーのカップを紙製に変更したり、カップ飲料のプラスチック上蓋を廃止し年間合計540トンの削減を見込んでいます。

これらの取り組みには多大なコストがかかる場合がありますが、レジで購入する飲料に関してはローソンやその他の企業でマイボトルの持参でドリンクメニューの割引キャンペーンを行っており、多大なコストや手間をかけることなく簡単にプラスチック削減に貢献している事例もあります。

エコ容器にはどのような種類がある?

今回の記事で紙に関する事例を多く取り上げているため、エコ容器=紙製と感じていらっしゃる方もいるかと思います。しかし、エコ容器は紙だけでなく他にも数多くの材質と種類があります。エコに対する意識が高まることで今後さらに増えていくでしょう。

それぞれ材質ごとにメリット・デメリットがあるため、目的や企業イメージ、お店の雰囲気によって使い分けていくことが出来ます。この章では紙、生分解性プラスチック、植物由来、石からできた資材、これら4つの材質を使用した容器、材質の特徴、欠点、用途についてご紹介します。ぜひ容器選びの参考にしてみてください。

1. FSC認証の紙

プラスチック削減の影響から紙素材を導入する企業が増えていますが、紙素材の需要が高まりすぎると、木材過剰使用で森林破壊問題の深刻化に繋がります。
この問題を解決するため、FSC認証のマークに注目する事がおすすめです。
FSC認証とは、FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)の基準に則り、適切な森林管理を認証する制度です。

世界中で森林の破壊や劣化が大きな問題となっていますが、木材などの材料は私たちの生活に不可欠なため、森林をまったく使用しないということはできません。
そこで、適切な管理が行われている森林の木を使い、破壊や劣化を招くことなく木材消費を促進しようという取り組みです。
このFSC認証の紙から作られた容器を使うことで、プラスチックごみの削減に貢献ができます。

FSCマーク

最近では持ち帰り用の紙袋や紙パック飲料、ストローなどに使用されており、FSCマークを見かける機会が増えています。

2. 生分解性プラスチック

紙製品の導入はプラスチック削減に貢献出来ますが、中身が見えなくなるというデメリットがあります。消費者には中身を見て商品を購入したいという人もいるため、プラスチックを完全に排除する事は難しいです。
そのような場合は生分解プラスチックを取り入れることをおすすめします。生分解性プラスチックは使用後は一定の条件のもと微生物によって水とCO₂に分解されます。
食品関係だとストローやトレー、弁当容器、レジ袋など数多くの製品に使うことが出来ます。ただし、現時点では耐久性の低さや使い捨て前提の素材であること、分解スピードが微生物や天候に左右されるデメリットを持つため、他のエコ容器と用途によって使い分けることが大切です。

3. 植物由来原料から出来た資材

本来ならば廃棄される麦やバガスなどから作られる植物由来原料の資材が話題になっています。元々、廃棄される材料を原料として利用するため、非常に環境に優しい容器です。100%天然素材から作られるため100%生分解できるだけでなく、耐水耐油性があり、製品によっては電子レンジを使用することもできます。
ただし、一般的なプラスチックに比べるとコストが高く、強度や、長時間の耐水・耐油性はありませんので注意する必要があります。

バーガー容器

4. 石から出来た資材

紙とプラスチックの代替品となる、日本発「LIMEX(ライメックス)」という新素材が開発されています。LIMEXは製造過程で木材や水などの資源をほとんど必要とせず、世界にありふれている石灰石から作られており、耐久性、耐水性に優れていることが大きな特徴です。日本でも100%自給自足が可能で、今後は幅広い分野への展開が期待されています。
現在は主にレジ袋、お皿、名刺などに使われており、使用後は燃えるゴミとして処分できます。コストが少し高い点、古紙としてリサイクルできない点がデメリットとして挙げられますが、エコの取り組みとして大きくアピール出来ます。

エコ容器導入はメリットが多い

プラスチックはとても便利なため、現代は必要不可欠な存在であると言えます。しかし、このまま何も対策をせずプラスチック大量消費の社会が続くと、海洋プラスチックごみがさらに増加し、2050年には海洋プラスチックごみが海の魚の量を上回ると言われています。海洋ごみが海の生物に悪影響を与えるのはもちろんですが、それを食べる私たちにとっても様々な悪影響を及ぼします。
エコ容器への移行はコスト面など負担が大きいことは事実ですが、早めに環境問題に着手することで、将来的に企業イメージアップ、新しいビジネスにつながるなど、負担以上の効果を得ることができます。プラスチックの削減を小さなことからはじめてみませんか。

この記事をシェアする

Related Post

関連記事

Theme Index

研究テーマ一覧

記事一覧へ戻る