Glossary

用語集

「ビニール袋」とは

本来の用語の正しい意味は、「塩化ビニール樹脂を原料とした袋」であるが、一般的には身の回りにある透明のプラスチック袋やレジ袋などを指して使われる場合が多い。これらの袋はポリエチレン製のため、食品包装に関わる業界内では「ポリ袋」と呼ばれる。以前は、実際に塩化ビニール製の袋が多く存在していたが、低温焼却時に有害なガス発生することからポリエチレン製の袋が主流となった。※現在は焼却炉の機能が向上しているため、実際にビニール袋を焼却しても有害ガスは発生しません。

その他の用語を検索する