Glossary

用語集

「段ボール」とは

フルートと呼ばれる波上の紙を厚紙で挟み、多層構造で頑丈にした紙製品。比較的安価で軽量であるのに、耐衝撃性や断熱性に優れているため、主に包装・梱包資材として使用されることが多い。日本では1909年に初めて作られ、「断面の波型が階段状に見える」「原紙にボール紙を用いていた」というところから段ボールと呼ばれるようになったと言われている。

その他の用語を検索する